ファスティングとは


ファスティングとは日本語に訳すと”断食”を意味する言葉です。

断食は本来、食を断つという意味で使われます。

しかし近年のファスティングは、さまざまな目的と意味が複合しているため

従来の断食とは若干異なった意味で使われています。

 

断食はもともと病気の方のために民間療法として取り入れられていたり

古来、修行の一環として取り入れられていたものが

形を変えて現代のファスティングに反映されています。

 

ファスティングは現代では主にダイエットを目的に行われていることが多いですが

その他にもからだの中にたまりがちな毒素を排出するデトックスや

体重を減らすだけでなく体質改善を目的として行われています。

 

最近、検診が義務付けられているメタボリック対策の一環としても行われるようになりました。

飽食のこの時代にはからだに良いものを取り入れ、良くないものを上手に排出すること

すなわちデトックスは私たちの寿命をのばし、健やかな生活をおくるために必要不可欠です。


当スタジオのファスティングの目的


当スタジオのファスティングの目的は、日常生活や自然環境などから知らず知らずに体内に入っている

有害物質を体外へ出す ”デトックス“ を最大の目的としています。

云わば ”引き算” の健康法とも言えます。

体から余計なものを出すというファスティングの ”デトックス” の効果を通じ

その延長線上に脂肪燃焼などが起こりダイエットにも繋がります。